Webistの評判は?クリエイター視点から見た感想【クリエイティブ系就職必須サービス】

デザイナー
デザイナー

Webistの評判は?クリエイティブでの転職をしたいんだけど、Webistってどうなの?

VENVEN
VENVEN

webist

主にWEBデザイナーやイラストレーターなど、クリエイティブに特化した就職エージェントサービスです。


転職エージェントは色々ありますが、

こういったクリエイティブ系の転職エージェントサービスは数的には限られているので、より良い転職を希望しているのなら登録必須なのかなと思います。

一応、私は13年ほどですがクリエイティブ職であるデザイナー経験とエージェントを使った経験があるので

その視点でこのサービスの良い点も悪い点も同じように扱い解説していこうと思います。

その上でこのエージェントを使うか使わないか、ご自分で判断してみてください。

それではどうぞ!

目次
  1. Webistの評判は?クリエイター視点から見た感想【クリエイティブ系就職必須サービス】
  2. Webist(ウェビスト)の運営元、クリーク・アンド・リバー社について
  3. Webistは実際はどういう流れで進むの?
    1. 公式サイト Webist にて無料で簡単登録
    2. 電話、メールで連絡が入る。
    3. エージェントとの面談
    4. エージェントから仕事の紹介、提案
    5. 書類選考
    6. 書類選考をパスすると、企業との面接
    7. 内定を貰えれば就業開始
  4. Webist(ウェビスト)の不安な点
  5. Webist(ウェビスト)の口コミ、実際に使った人の感想。自信がなくてもやってみる価値はあり
  6. Webist(ウェビスト)はどういった求人を扱っているのか
  7. Webistを使ってどういったメリットがあるのか
  8. Webist(ウェビスト)のクリエイティブ求人数は業界トップクラス。選択肢は広がる
  9. Webist(ウェビスト)は未経験者向けの求人が多く、新たにクリエイティブ職を目指す人にもおすすめ
    1. Webist(ウェビスト)では業界に詳しいエージェントがサポートしてくれる
    2. クリエイター職はどうしても特殊
    3. 就職条件の交渉をエージェントが代行してくれる
    4. 求人内容の「応相談 経験・能力を考慮の上、当社規定により決定します」問題
    5. Webist(ウェビスト)は正社員以外の雇用形態も充実
    6. Webist(ウェビスト)は登録が簡単で登録内容が少なめ
    7. Webist(ウェビスト)は未経験者向けの求人が多く、セミナーが有益
  10. Webist(ウェビスト)は大手企業、有名企業の求人も多い
  11. Webist(ウェビスト)のデメリット
    1. Webist(ウェビスト)は地方の求人には対応不可
    2. クリエイティブに特化しているので他の職種は期待出来ない
      1. 万が一はずれのエージェントは引いたら落ち着いて担当変更を。
  12. webistのよくある質問
      1. Q. 利用料金はかかりますか?
      2. Q. クリエイター未経験の求人はありますか?
      3. Q. 地方からの利用は出来ますか?
      4. Q. 求人検索のみでの利用は出来ますか?
      5. Q. 勧誘はありますか?
  13. 求人は自分なりのリサーチも忘れずに
  14. 【まとめ】地方で無い限り、クリエイティブの仕事探しているならとりあえず登録するべき
    1. 仮にエージェントを使わずに条件の良い転職が可能かどうかを考えてみて下さい。
スポンサーリンク

Webistの評判は?クリエイター視点から見た感想【クリエイティブ系就職必須サービス】

この記事で分かる事

  • webistの評判や体験談
  • webistのサービスの流れ
  • webistの不安な点
  • webistの信頼性
  • webistのメリットとデメリット
  • webistの登録について
  • webistの求人について
ちょっと深掘り情報
  • 他の同じようなエージェントについて

この記事は10分程で読み終えられます

Webist(ウェビスト)の運営元、クリーク・アンド・リバー社について

Webistは株式会社クリーク・アンド・リバー社(東証一部)運営の求人情報サイトです。

設立31周年ということなので結構歴史が長いです。

設立する上でのコンセプトがフリーランスのクリエイターの信用の無さや立場の弱さをサポートする…というものです。

  • 1992年 映像クリエイター・エージェンシー事業を開始
  • 1997年 クリエイターのための月刊情報誌「Director’s MAGAZINE」創刊
  • 2001年 クリエイター向けWebサービス開始
  • 2013年 ファッションクリエイター・エージェンシー事業を開始
  • オンラインクリエイター・エージェンシー事業を開始
VENVEN
VENVEN

軽くですがこんな感じ。

27年も前からこんな問題に着目しているのは、結構すごいことだと思いませんか?

日本には現在18000ほどの転職エージェントが存在します。そして年間1000ほどのエージェントが生まれ、また消えて行く入れ替わりの激しい世界です。

少し古いデータですが、2011年時点で16000社を超えています。詳しくはこちら

参照:jobmark

そんな世界で「経営期間が長い」ということは大きな信頼に繋がると言って間違いないでしょう。


Webistは実際はどういう流れで進むの?

VENVEN
VENVEN

シンプルです。良くある転職エージェントと同じ流れですが、

こんな感じです。

1. 公式サイト Webist にて無料で簡単登録(求人検索のみにも使えます)

2. 電話、メールで連絡がきます。

3. エージェントとの面談(希望の仕事について、スキルや経験のヒアリング)

4. エージェントから仕事の紹介、提案(ヒアリングを元に紹介を受けます)

5. 書類選考(エージェントの用意してくれる希望の企業の資料を書き込み書類選考に入ります。)

6. 書類選考をパスすると、企業との面接

7. 内定を貰えれば就業開始

VENVEN
VENVEN

それでは詳しく深掘りします。

公式サイト Webist にて無料で簡単登録

公式サイト Webistから無料登録します。後ほど説明しますが登録が非常に簡単です。

電話、メールで連絡が入る。

Webistに登録後に面談の希望者は、担当者から面談の連絡が入ります。面談の予定などを決めます。

エージェントとの面談

面談にてスキルや職務経験などの確認、希望の職種などヒアリングして行きます。

エージェントから仕事の紹介、提案

ヒアリングを元にエージェントが判断した求人の紹介を行います。勿論、エージェントが判断したものなので適性があるものだとは思いますが、ごくごくまれに微妙な求人を紹介される場合もありますので、

イエスノーは伝えましょう。

VENVEN
VENVEN

ですが、逆に言うと、”他人の目からはそういった職業が合っている”という

判断されているので自分を見直す切っ掛けになるかもです。

曇りのないまなこで判断を!

書類選考

希望の企業が決まると、エージェントの用意してくれるその企業の資料を書き込み書類選考に入ります。エージェントにフォローを

受けながら資料を完成させましょう。

出来上がればエージェントを通して企業に書類が送られます。

書類選考をパスすると、企業との面接

書類審査が通ると、直接の面接です。エージェントにもアドバイスを貰っておきましょう。

内定を貰えれば就業開始

内定を貰えれば転職完了です!落ちてもまた仕事の紹介、提案から始めていきましょう。


Webist(ウェビスト)の不安な点

いい加減な対応をされないか不安といった声は、どのエージェントサービスでも上がる不安要素です。

VENVEN
VENVEN

転職しようとしても、エージェントの対応がダメだと心配ですよね。

私も昔ですが、登録後の返信が遅くて1週間ほどかかったことがあり、登録した事を忘れたころに連絡が来た事があります。

その時は、転職のモチベーションが下がりましたね。自分のペースって崩されたくないものです。

話を戻して、

運営元の株式会社クリーク・アンド・リバー社を「カイシャの評判」にて調べて見ました。

社内の評価ですが、結果は

評判スコアは68/100点 良い点の回答77件 気になる点の回答93件

となっています。

VENVEN
VENVEN

普通くらいなのかな。微妙なところかも

ただし、設立31周年の東証一部上場の企業であると言うことなので、そこまで心配する必要は無いのかもです。

ぶっちゃけ、良い会社でも、担当者でババを引く可能性は0ではないので、

割り切った方が正解です。

Webist(ウェビスト)の口コミ、実際に使った人の感想。自信がなくてもやってみる価値はあり

webistを実際に使った感想がこちらです。

自分のキャリアに自信は無く、今の私はどんな仕事にチャレンジできるのか、それを知りたくてWebistに登録しました。担当エージェントからは、業務の幅が広い有名ベンチャー企業の正社員、大手広告代理店の派遣求人など、色々な仕事を紹介いただきましたが、いまいちピンとくるものがなくて。

20社以上紹介いただいた中で、最終的に決めたのはWebist運営会社であるクリーク・アンド・リバー社のクリエイティブ制作チームでした。様々な仕事やクライアントに出会え、将来的に独立やフリーランス、転職したとしても支援してもらえる――。クリエイターとして一生涯付き合える会社だと感じました。

現在は複数企業のメディア運営のデザインディレクションを担当。日々、将来のために奮闘しています。

引用:webist お客様のコメント

はじめての転職ということもあり、自分の経験やスキルが世の中でどの程度通用するのか全く分かりませんでした。「よく、そんなレベルで」なんて言われそうで、求人に応募できなかったんです。そんな時に、たまたま見つけたのがWebistでした。

登録後、転職エージェントに素直に悩みや不安を打ち明け、経験やスキルなどお話したところ、自分が思っている以上に “市場価値が高い”と言っていただけました。

さらに、キャリアプランもアドバイスいただき、お仕事もいくつか紹介してくれました。

最終的に選んだのは、急成長中の有名ベンチャー企業。今は成長意欲の高いメンバーに囲まれて、充実した毎日を送っています!

引用:webist お客様のコメント

これまで、何度も誰もが知っているような有名なクライアントのデザインを手がけました。マークアップやイラスト作成もでき、スキルには自信があるんです。でも、転職の面接では連戦連敗。原因は極度の緊張症で、はじめての人と話すのがとにかく苦手。

Webistの転職エージェントの方に相談したら「まず、スキルや経験をしっかり伝えるポートフォリオにしましょう!サポートします」と提案してくれました。

さらに「想定質問を用意して面接の練習をおきましょう」と、面接の練習にも何度もお付き合いいただきました。 

最終的に、大手スマホアプリ運営会社への転職が決定。苦手なことに対応するためにどう準備するべきか、ということの大切さを知った気がしました。もっと早く相談すればよかったなぁと思いましたね。

引用:webist お客様のコメント

長文ですがインタビュー記事があったので参考になるかと思います。下記からどうぞ。

コンサルタントからUXデザイナーへ。未経験の職種へのキャリアチェンジを実現! 〜山本葉月さん・Webist転職インタビュー〜

未経験からWebデザイナーへ。10年越しの思いを叶えたキャリアチェンジ。 〜井上裕太さん・Webist転職インタビュー〜

VENVEN
VENVEN

良くあるメリットに焦点を当てた記事や感想なので鵜呑みにするのは危険ですが、


共通して言えるのは、自分の市場価値に自信がなくても問題が無い点でしょうか

私も初めてエージェントを使ったときは、「自分でも大丈夫かな」という心配があったのを思い出します。

面談の時も面接以上に緊張して変な汗をかいてました(笑)最初は少し勇気がいるけど、担当の人と話をしてみると次第に楽になりました。

今の仕事を紳士に一生懸命頑張っているなら心配は無用です。

嫁社長
嫁社長

エージェント側も親身になって考えているのが伝わってくる。


Webist(ウェビスト)はどういった求人を扱っているのか

主に扱っている求人がこちらです。常に計4000件以上の求人数があるようです。

Webist(ウェビスト)の求人
  • Webマーケター
  • Webディレクター
  • Webデザイナー
  • Webコーダー
  • フロントエンドエンジニア
  • Webコンサルタント
  • Webプロデューサー
  • Webライター
  • グラフィックデザイナー
  • カメラマン他多数

VENVEN
VENVEN

主にWEBのクリエイティブ系の仕事が多いです。 無いのはゲームやCG系のデザインです。

ゲーム系の転職サービスはこちらがおすすめです。実は運営会社が一緒なのです。


Webistを使ってどういったメリットがあるのか

メリット
  • 業界トップクラスの求人数で正社員、派遣など雇用形態の選択肢は広い
  • 登録が簡単未経験者向けの求人が多く、新たにクリエイティブ職を目指す人にもおすすめ
  • クリエイティブ業界に詳しいエージェントがサポートしてくれる
  • セミナーが有益大手企業、有名企業の求人は豊富都市部の求人が多い
  • クリエイティブに特化している
VENVEN
VENVEN

詳しく深掘りしていきます。

Webist(ウェビスト)のクリエイティブ求人数は業界トップクラス。選択肢は広がる

クリエイティブ系のエージェントとしては、トップクラスに求人数が多いです。

5000件近くの求人を扱っていて、ここだけでも登録の価値は十分にあるかと思います。

良い求人に出会える確率を増やしましょう。

VENVEN
VENVEN

他のエージェントサービスでは扱っていない

独占非公開求人なんてものもあったりします。

Webist(ウェビスト)は未経験者向けの求人が多く、新たにクリエイティブ職を目指す人にもおすすめ

全求人の10%ほどは未経験者歓迎の求人です。

全求人数未経験OKの求人数
4668456
2020年7月時点の数値です。

未経験者向けの求人も多くあるので、他業種からクリエイティブの世界に飛び込みやすいです。仕事として真剣に取り組めば、実力もスキルも

上がっていくので、そこで次のステージに上がっていくのも一つの手です。

給料を貰いながらスキルアップをしていきましょう。

VENVEN
VENVEN

実力やスキルを身に付けないと上には上れません。

一番成長できる環境は実戦。すなわち現場に飛び込むことです。

クリエイターは新しい事を吸収して行かないといけないので、

長くクリエイティブ職で働いている人でも、新しい技術を学ぶときは初心者と同じように地道に勉強をしています。

Webist(ウェビスト)では業界に詳しいエージェントがサポートしてくれる

VENVEN
VENVEN

WEB業界・広告/出版業界の転職に詳しいエージェントが対応してくれるが良いです。

クリエイターに寄り添った求人提案が出来るので、理想の働き方に合わせての仕事を選べたりします。

クリエイター職はどうしても特殊

私はデザイナーとして仕事をしていますが、こういったクリエイター業はどうしても特殊です。

他の業界から飛び込む気なら、かなり面食らうかも知れないです。

VENVEN
VENVEN

というのも、

クリエイター業の、決定権の大きさに驚くかもです。

自分で判断して、自分で決めて、作っていき仕事を進めていくので、

自由度は高めです。

特殊な業界に詳しい人がサポートするのはかなりのメリットで、近い視点で物事を考えてくれるエージェントの存在は心強いはずですよ。

特にポートフォリオのアドバイスが出来る点はクリエイター特化型のエージェントならではです。

また、週3日だけ働きたいとか、育児制度が充実した求人はないか・・・など

こちらの要望を考慮して求人を探すことが出来るので、登録しておいて損をするとは考えにくいですよね。

また、登録自体も無料です。

就職条件の交渉をエージェントが代行してくれる

VENVEN
VENVEN

給与や仕事の条件など重要な問題を、エージェントが就業先の企業と相談しやり取りをしてくれます。
実際は面倒な部分なのでここはメリット大です。

私は当時、性格上ここで遠慮してしまい、給料の事を踏み込んで話し合えませんでした。お金の話をすることを嫌がる人は多いですが、そんなことをしていると就職したのに給料が下がったなんてことにも十分なりえます。

私の場合は結果的には、企業の規模と安定性、給料はほんの少しだけ上がり、何よりやりたい分野により近いデザインが出来る会社に就職できました。

なのでこちらの要望ははっきり伝えて置く必要がありますね。

実際に働き始めるまでエージェントがサポートしてくれるので、問題が発生したら相談するようにしましょう。

求人内容の「応相談 経験・能力を考慮の上、当社規定により決定します」問題

よく求人サイトで書いてある内容ですが、これは給料はっきりしないんですよね。ある程度の基準すら解らない。

だけど、Webistの求人情報は、金額がはっきりしていますよ。

Webist(ウェビスト)は正社員以外の雇用形態も充実

がっつり週5日フルタイム勤務の正社員の求人だけでなく、週1〜4日の派遣や、業務委託、フリーランス向けの求人も対応できる模様。

VENVEN
VENVEN

悪く言えば全求人数に派遣が含まれていると言うことになります。

働き方にこだわりがあったり、制限がある人には嬉しいです。場合によっては派遣の方が良い場合がありますから。

Webist(ウェビスト)は登録が簡単で登録内容が少なめ

登録に必要な内容はこちらです。

  • 氏名
  • フリガナ
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • パスワード
  • 性別
  • 生年月日
  • 希望勤務地
  • 希望職種
  • 希望のサービス(キャリア面談・エージェントによる求人紹介・求人検索・セミナー受講・職務経歴書やポートフォリオ、面接の対策・登録のみ・その他)
  • 求人メールマガジン
VENVEN
VENVEN

こんな内容です。

2~3分あれば十分出来る内容です。

「希望のサービス」は

自分がwebistから受けたいサービス内容を選択できます。

今すぐ転職活動をしない場合は「登録のみ」を選択しておくとよいでしょう。

登録でいきなり、職務経歴書や転職理由なんかは書かなくて良いので簡単です。

登録したからと言って必ずしもエージェントと連絡を取り合わなければならないという訳ではなく、

セミナーの受講やとりあえず登録のみだったり、

求人検索のみに使用出来るのは嬉しいところです

Webist(ウェビスト)は未経験者向けの求人が多く、セミナーが有益

これからクリエイティブな仕事をしたい未経験者にとっては嬉しい内容かと思います。

エージェントに相談して、セミナー等に参加してみたりして確実に歩を進めましょう。

セミナーはこちらで確認出来ます。

クリエイティブの仕事は時間拘束も多めなので覚悟を決めて頑張っていきましょう。


Webist(ウェビスト)は大手企業、有名企業の求人も多い

  • LINE株式会社
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • エイベックス・マネジメント株式会社
  • クックパッド株式会社
  • コニカミノルタジャパン株式会社
  • スターバックスコーヒージャパン株式会社
  • ソニー株式会社
  • ソフトバンク株式会社
  • ヤフー株式会社
  • 楽天株式会社
  • 株式会社AbemaTV
  • 株式会社DMM.comラボ
  • 株式会社アイ・エム・ジェイ
  • 株式会社カカクコム
  • 株式会社カヤック
  • 株式会社ぐるなび
  • 株式会社ディー・エヌ・エー
  • 株式会社ミクシィ
  • 株式会社リクルートホールディングス
  • 株式会社電通

上記のような実績があります。

VENVEN
VENVEN

実際に検索してみると、会社名は伏せているものもありましたが、都市部ではかなりの求人数で、年収も高い設定のものが多かったです。

Webist(ウェビスト)のデメリット

メリットだけをつらつら書いてきましたが、デメリットの方がサービスの良し悪しを判断するには重要だったりしますね。

デメリットがこちらです。

デメリット
  • 都市部以外の求人は少ない
  • 都市部なので家賃が高い
  • クリエイティブ以外の求人はない
  • 全求人数に派遣なども含まれている為、正社員求人を求めている人には求人数が少なくなる
  • はずれエージェントに当たる可能性が0ではない
VENVEN
VENVEN

どうでしょう?

かなりデメリットは少なめに感じました。

今後どんどんリモートに対応してくる企業も増えるかと思います。

Webist(ウェビスト)は地方の求人には対応不可

下記の通り東京は多いですね。

VENVEN
VENVEN

実際検索したところ、地方の仕事は、求人数がほぼ全滅です。

嫁社長
嫁社長

こりゃ8割くらい東京だね

とくに多いのは

  • 東京
  • 大阪
  • 愛知
  • 北海道
  • 福岡

みたいね

UターンやIターン転職での利用には残念ながら使えないです。

クリエイティブに特化しているので他の職種は期待出来ない

特に気にする事でもないですが、クリエイティブ以外の転職をしたい場合は他の転職サイトで登録しましょう。

万が一はずれのエージェントは引いたら落ち着いて担当変更を。

非常に残念ですが、万が一下記のような状態になったら落ち着いて担当変えてもらいましょう。

  • とりあえず、その人に合いそうな求人を大量に送ってくる
  • そもそもあまりやる気がない
  • 思考停止して流れ作業のように対応してくる
  • 年収や労働条件等が下がる提案を多くしてくる、その際の説明もない。
  • 対応が遅い
VENVEN
VENVEN

早い話が素人です。他のどんなに評価の高いエージェントでも

起こりうる事なので

あれ?と思ったら担当変更の相談を。

VENVEN
VENVEN

それではメリットとデメリットを確認して、よければ webist に登録をどうぞ。

登録は無料です。


webistのよくある質問

公式サイトからよくある質問をまとめました。チェックしてみましょう。

Q. 利用料金はかかりますか?

A. かかりません。完全無料で利用できます。

webistは優秀な人材が欲しい企業から報酬を得ているからです。

Q. クリエイター未経験の求人はありますか?

A. あります。500件弱ほどあります。コラムでも多くの記事がありますので参考にしてみてください。

Q. 地方からの利用は出来ますか?

A. 利用可能です。対応が電話やメールのみになってしまう事もあります。

Q. 求人検索のみでの利用は出来ますか?

A. 可能です。ですが、検索にも載らない特別な求人もあります。

Q. 勧誘はありますか?

A. そういった勧誘はありません。

求人は自分なりのリサーチも忘れずに

気になる企業を見つけたら、自分なりにリサーチをしましょう。受ける場合はその企業の事を知ることにもなりますし、

受ける受けないにしろ、情報をインプットするのはリサーチ力が高まるのでコスパ良いです。


【まとめ】地方で無い限り、クリエイティブの仕事探しているならとりあえず登録するべき

色々隅々まで調べてみましたが、地方の求人を探さない限りは webist 登録したほうが良いでしょう。

仮にエージェントを使わずに条件の良い転職が可能かどうかを考えてみて下さい。

仮に、エージェントを使わずに、独力で好条件の転職が出来るのかというとかなりの無理ゲーです。特に今の就職先で働きながらのこっそり転職活動となると集中も出来ないので

何かしらのエージェントは使うべきなのです。

ハローワークは経験上ですが、ほぼほぼ給料を上がる求人はありません。求人サイトを自分で探したりしても条件は微妙になるばかり。ある程度、人に任せられるなら任しておいた方がよいでしょう。

想像してみてほしいのですが、自分で企業ホームページを探して求人を

チェックし、自分で連絡等をして1つづつ自分で対応し、労働条件等も

交渉していく・・・・そんなことは中々出来ないのではないでしょうか。

そもそも転職エージェントにしか求人が出ていないケースの方が多いです。

労力や時間やコスパを考えると、転職エージェントを使わない選択肢はありません。

登録は無料です。なので一度使って見てダメだったら使わない。

これがコスパが良いかと思いますがいかがでしょうか。

という訳で今回はここまでです。参考になりましたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました