NFTアートとクリプトアート(CryptoArt) の違い

疑問を持つ人
疑問を持つ人

NFTアートとクリプトアート(CryptoArt) の違いってありますか?

VENVEN
VENVEN

それぞれの語源が微妙に違ってきますが、何を指すのかは一緒です。

しかし調べれば調べるほど新しい言葉が出てきて混乱し、

重ね検索しまくらないといけないので

ここで要点だけ詳しく深掘りしてみましょう。

スポンサーリンク

NFTアートとクリプトアート(CryptoArt) の違い

 

この記事で分かること

  1. NFTアートとクリプトアート(CryptoArt) の違いについて
  2. NFTとCryptoの意味
VENVEN
VENVEN

今回はサクッっと済ませましょう。

NFTの意味

NFTはNon-Fungible Tokenの略で代替不可能なトークンや非代替性トークンと言われています。

ブロックチェーンを使った技術だということだけ知っておけば問題はありません。

嫁社長
嫁社長

なんじゃろそれ

代替不可能とは、そのまま“代わりがない”“唯一無二”“オリジナル”の意味を持っています

トークンとは、デジタル上、ネット上で使うことが出来る権利情報が含まれたデータの事です。

口座開設などに使われたりするワンタイムパスワードを作る生成器という意味もあったり、ビットコインやイーサなどの仮想通貨そのものをトークンと呼びますが、

今回はそちらの意味ではありません。

VENVEN
VENVEN

今までは、オリジナルとコピーされたデータに違いは全くありませんでしたが、

NFTによって「データなのにどれが本物かを判断できる」わけです。

NFTアートとは、デジタル上やネット上で使うことが出来る“代わりがない”“唯一無二”“オリジナル”の権利情報が含まれたデータで出来たアート作品の事です。

そして絵はもちろん写真、音声、音楽、tweetなどデータにできるものは全てNFT化することが出来ます。

NFT化することで単なるデータが唯一無二のデータになるわけです。

クリプト(Crypto)の意味

クリプト(Crypto)は、暗号、見えない、隠れた、秘密の、などといった意味で

直訳するとCryptoARTとは「暗号アート」ということになります。

仮想通貨がCryptocurrency(暗号通貨)と呼ばれているので、そのアート版の言葉と捉えればよいでしょう。

同じブロックチェーンを使った、通貨とアートなのでCryptoという言葉が使われました。

【まとめ】NFTアートとクリプトアート(CryptoArt) の違い

NFTアートとクリプトアートは同じものを指した言葉ですが、分解すると意味が変わってきます。

今はNFT関連の情報は書籍も少なく、ネット上にもまとめられたものも極めて少ないので

調べる→分からない言葉が出てくる→また調べる→また分からない言葉が出てくる・・・のループになりやすいです。

割と脳が消耗してしまうので気を付けましょう。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました