デザイン会社大手はこれ!就職難易度も解説

VENVEN
VENVEN

今回は大手のデザイン会社を紹介していきます。

デザイン会社の多くは少数で経営されていることが大半です。

ただし、大手だからと言って絶望的にデザイン力が高いかというと、

そうでもありません。

就職する際の難易度や弱小デザイン事務所との違いも解説します。

スポンサーリンク

デザイン会社大手はここ!就職難易度も解説

この記事で解ること
  • 大手デザイン会社がどこか分かる
  • 大手デザイン会社と小さいデザイン会社の違い
  • 大手デザイン会社のメリットデメリット
  • 大手デザイン会社に就職するためのサービス
もう少し深掘り情報

 

  • 大手デザイン会社の就職難易度の目安
  • 競争率は超高いしメリット低いので色々なところを受けよう

 

大手デザイン会社とは

まずは大手デザイン会社はこんな感じです。

2位と3位の壁は数値以上に切迫しているのではないでしょうか。

広告業界

国内順位 特徴年間売り上げ従業員数平均年収
1位電通業界世界第5位、テレビ広告、体育会企業1兆5262億円約7,071人
グループ全体 約64,000人
約1,272万円
2位博報堂データの収集や分析に強い 有名デザイナーを多く輩出9989億円約3,100人約1,036万円
3位サイバーエージェント一時は電通の時価総額を上回る インターネット広告、ゲーム事業、ネットメディア事業4536億円約5,300人約711万円
4位アサツー ディ・ケイ(ADK)アニメビジネスコンテツ2083億円約1,900人約766万円
5位D.A.コンソーシアムホールディングス 1192億円約2,585人約804万円
6位大広 1190億円約730人約700万円
7位ジェイアール東日本企画(jeki) 1078億円約1,000人約713万円
8位東急エージェンシー 899億円約1,030人約684万円
9位オプト 716億円約750人約680万円
10位アイレップ 685億円約970人約694万円

少し脱線しますが、サイバーエージェントがアサツー ディ・ケイを抜き時価総額でも電通を上回った点は注目です。

VENVEN
VENVEN

時価総額が上回るということは、電通よりサイバーエージェントの方が

成長性や将来の期待値が高いと判断されたということです。

新型コロナの影響などで売り上げに大きな変化が起きているので、この先このままの順位なのかというと怪しいですね。

有名デザイン事務所

 

 特徴年間売り上げ従業員数平均年収
日本デザインセンターWebや動画、パッケージ、本の装丁47億3,223万円約237人約496万円
たき工房 10億~50億円約231人約437万円
れもんらいふCDジャケット、広告ポスターなど約8人

この辺りが有名どころです。まだまだ、少数精鋭の有名デザイナーのデザイン事務所はたくさんあるのでわかり次第追加します。

 

大手デザイン会社と小さいデザイン会社の違い

 

シンプルに仕事の質、クライアントの質に大きな差があることが多いです。

勿論、たとえ人数が少ないからと言っても、規模の大きい仕事をしている少数精鋭のデザイン会社もあります。

大手デザイン会社は、BtoBでの仕事が多いですが、地方の小さいデザイン事務所などは個人商店や、規模の小さいBtoCの仕事を請け負うことが多いでしょう。

デザインに集中できる環境なのは確実に大手でデザイナーとしての実力を伸ばすなら大手デザイン会社でBtoBの仕事をした方が伸びます。

理由は、個人より企業の方がクライアントとして、考えや方向性がブレず、カッチリ固まっていることが多いからです。

方向性のブレるクライアントはこちらの成長にも繋がりにくく、デザイナーとしての思考に迷いを生むことが多いです。

逆に大手企業は、仕事が効率よく集中しやすいように細分化しているので経理やお金周りの事務処理をすることは

ないのでここで苦戦します。

VENVEN
VENVEN

優秀なディレクター兼デザイナーの方に、一か月間、仮想独立をさせた話があります。

その際、経営すなわち営業とデザイン、経理を一人でこなすというものでした。

お金の処理が加わることでデザインに集中しにくくなり

良いものをつくれなくなったり、作成時間が長くなったりマイナスになることが多く出てきたのです。

納期や価格の設定なども慣れや経験が必要になってくるので、勝手が違ってくるようですね。

嫁社長
嫁社長

一か月って期間が短すぎるから、普段していない人には余計しんどく感じるかも

一方、小さいデザイン事務所は、人数が少ないので、デザイン以外の見積もりや経理をする機会もあったりして本気で取り組むとそれなりに力が付きます。

大手デザイン会社のメリットデメリット

メリット

スタートアップ企業などを含めると一概には言えませんが、一般的には

  • 年収が高い
  • 福利厚生がしっかりしている
  • BtoBの仕事が多い
  • デザインに集中できる環境が整っている

デメリット

  • 拘束時間は長い(デザイン会社全般に言える)
  • 小回りは効かない
  • 個人の考えが反映されにくい
  • 仕事が分担されているので、デザイン以外の業務に弱い。(独立を考えているならデザイン以外の業務を念入りに勉強をした方が良い)

このような感じです。

しかし近年では大手デザイン会社といえど色々変化が起こっています。

新型リストラ? 電通の次なる一手

 

一定の年齢が来ると個人事業主として契約しなおすというもので、こうなると大手であっても全く安心出来ないわけで、

早い段階で独立を目指し、会社のスキルの吸収と独立に向けて知識を蓄え勉強しておいた方が良いかと思います。

VENVEN
VENVEN

大手である最大のメリットがなくなってきつつあります。

電通、博報堂などネットに主軸を置いていない会社は危ないかもです。

デザイン会社に就職するためのサービス

就職エージェントサービスを利用すれば、必要な情報は多く集められます。

どれも登録は無料なので、とりあえず登録しておいて損はないかと思います。

デザイン系の就職サービスをこちらに集めました。詳しく解説しているのでぜひ一目ご覧ください。

WEB系だとこちらが良いです。

また、OfferBoxというオファー型のサービスもあります。

こちらも無料でプロフィールの登録しておくとオファーという形でお声が掛かります。

大手デザイン会社の就職難易度の目安

もはや参考にならないかもですが大手デザイン会社のおおよその入社倍率を調べてみました。

 採用人数入社倍率
電通約140名(総合職123名、アート職13名)アート職になると、おおよそ500倍 
博報堂約120名約100倍(12,000人がエントリー)
サイバーエージェント約225名約10倍
アサツー ディ・ケイ(ADK)約38名200~300倍
大広10~20名

ここだけでも、採用されるのはせいぜい500名ほど。落ちて普通の狭き門です。

メリットデメリットでも書きましたが、大手であるメリットは崩壊しつつあるのでここにこだわらず

クリエイティブに仕事が出来る所を目指していった方がコスパ良い気がしますね。

デザイン系の会社に進む学生の多くは美大生になります。

美大生の就職内定率は、2020年6月時点で10.4%という結果が出ています。

VENVEN
VENVEN

コロナの影響もあり低いです。

去年より40%ほど落ちています。

あと美大生は一般大学生に比べて就職活動力が低い傾向があるので、周りよりちょっと先に準備するだけで頭一つリードできるのではと思います。

 

 

【まとめ】デザイン会社大手はここ!就職難易度も解説

というわけで大手デザイン会社について書いてきました。

就職については状況が大きく変わってきているので慎重な判断をしていきたいところです。

確実に言えるのが、デザイナーとして仕事をしていくのであれば、独立は視野に入れておくこと。

普段からデザイン技術に限らず新しい技術や知識は常に頭に入れるようにしておくこと。

デザインにこだわらず有益なスキルを複数身に付けていくか、または逆にデザインに特化していくか。

これが大切ですね。中途半端が一番良くないです。

 

それではこの辺で〆たいと思います。

参考になりましたら幸いです。ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました