デザイナーになるための転職エージェント【現役デザイナーが厳選】

悩み人
悩み人

WEBデザイナーに転職したいと思っています。

良い転職エージェントはないですか?

VENVEN
VENVEN

デザイナーやクリエイティブ系の仕事に憧れる人は多いです。今回はそれらを扱った転職エージェントについて話そうかと思います。

私の経験はこんな感じ

  • デザイナー経験15年程
  • 転職エージェント使用経験あり
  • デザイナー面接官経験あり

クリエイティブ系の転職におススメな転職エージェント、サービスはどこなのか、またどういうふうに使ったらいいのかお知らせします。

デザイナーになるための転職エージェント【現役デザイナーが厳選】

この記事で分かること

  • デザイナーがおススメするデザイン系転職エージェント
  • デザイン系での良い転職エージェントの条件
  • デザイン業界へ転職する際に考えなければならない事
  • 転職エージェントを上手く使うテクニック
  • 面接官側からの意見
VENVEN
VENVEN

この辺りを深掘りします。

デザイナーがおススメするデザイン系転職エージェント

VENVEN
VENVEN

転職エージェント使用経験のあるデザイナー歴15年の私が、詳しくリサーチしました。

おススメするのはこちら。

  • レバテックキャリア
  • ReDesigner
  • レバテッククリエイター
  • Webist(ウェビスト)
  • マスメディアン
  • シリコンスタジオエージェント
  • ファミキャリ
  • ワークポート
  • R-Stone (アールストーン)
  • Geekly(ギークリー)
  • doda
  • リクルートエージェント
  • パソナキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアITやWEB系のエンジニア、デザイナーに特化した転職エージェントサービスです。

  • WEB系のエンジニア、デザイナーに強い転職エージェント
  • 経験者向き
  • 求人数は業界トップクラス
VENVEN
VENVEN

全体の求人数は12,000件を超えますが、デザイン系になるとかなり絞られます。一度確認しておきましょう。

ReDesigner

デザイン会社が作ったデザイナー求人を専門に扱った転職エージェントサービスです。

求人数は多くはありませんが、キャリアアップには最適かと思います。

副業やフリーランス向けの情報もあります。

  • ポートフォリオのサポートが心強い
  • 担当者のデザインの知識はトップクラス
  • 対応エリアが都内のみ
  • 求人数は多くない
  • スキルの無い人は使用できないケースあり

レバテッククリエイター

フリーランスや、派遣での求人や案件を探すのであればレバテッククリエイターがおすすめです。

レバテックキャリアと似ていますが、サービス内容はフリーランス寄りで若干違います。

驚くほど単価も高く、ゲーム、イラスト、グラフィックデザイン、webの求人や案件も多数あります。一度見てみましょう。

  • フリーランス向け
  • 業界トップクラスの高単価の求人
  • リモートワーク対応求人あり
  • 週休二日での案件が多い
  • WEBデザイン、ソーシャルゲーム、アプリ開発などの企業が多い
VENVEN
VENVEN
実務経験1年ほどのスキルがあれば仕事を紹介してもらえやすいでしょう。

Webist(ウェビスト)

 

Web業界・広告/出版業界クリエイター専門の求人情報サイト【Webist(ウェビスト)】

webデザイナーなどクリエイターに特化した求人サービスです。

クリエイティブ系の仕事ならやはり専門性の高いサービスを利用するのが良くこちらの気持ちや考え方が解ってもらえやすいです。

未経験者にも希望の光が見えるデザイン系の転職エージェントは少ないです。ぜひ登録してみましょう

  • 業界トップクラスの求人数で正社員、派遣など雇用形態の選択肢は広い
  • 登録が簡単
  • 未経験者向けの求人が多い
  • スキルやキャリアに合わせてクリエイティブ業界に詳しいエージェントがサポートしてくれる
  • ポートフォリオ作成のサポートが心強い
  • セミナーが有益大手企業、有名企業の求人は豊富都市部の求人が多い
  • クリエイティブに特化している
VENVEN
VENVEN

どうしてもデザイナーなどの転職を左右するのはポートフォリオの出来です。そのサポート体制が整っているのはとても良いですよ。

詳しくは下記からどうぞ。

マスメディアン

  広告・Web・マスコミの転職・人材派遣はマスメディアン

  • 広告、WEB、マスコミ業界に強い
  • 求人企業の内情に詳しいアドバイザーが対応
  • ポートフォリオ作成に強い
  • デザイナー求人も豊富
VENVEN
VENVEN

デザイン系の求人数は700件ほど。登録の価値は大いにあるかと思います。

広告業界、デザインにも強い転職サービスです。登録しないと見られない求人があったりもします。詳しくは下記にまとめました。

ゲーム系クリエイティブの転職エージェントはこちら

シリコンスタジオエージェント

ゲーム業界最強のマッチング力【シリコンスタジオエージェント】

ゲームに特化した転職エージェント。CG、プログラミング、キャラクターデザイン、シナリオライターまでゲームに関する就職には強いサービスです。

  • ゲーム業界転職に強い
  • 登録が簡単
  • 企業間のやりとりを代行してもらえる
  • 実力があれば重宝される
  • 大手企、有名ゲーム会社の求人
  • 業界に詳しいエージェント
  • 経験者でないと転職はハードルが高い
  • 地方の求人はほぼ全く無い
VENVEN
VENVEN

スキルを持っていないと厳しい面もあります。

未経験からの転職だと、条件を選ばずとりあえず業界に飛び込むことを最優先に考えるべきかと。

詳しくは下記で。

ファミキャリ

ゲーム業界 正社員・契約社員で働くならファミキャリ!

こちらもゲーム業界に特化した 転職サービスです。詳しく下記にまとめましたので是非どうぞ。

G-JOBエージェント

G-JOBエージェントもゲーム業界に特化した転職エージェントです。

全体的に求人数は限られるデザイン、クリエイティブ業界なので、出来るだけ多くの転職エージェントの登録をして話を聞いた方が良いように感じます。

その他おすすめはこちら。

クリエイティブ専門ではないけど信頼性が特に高い転職エージェントはこちら

”デザイン、クリエイティブ系専門”ではありませんが、特に信頼性が高い転職エージェントはこちらです。

クリエイティブ系でも検索すれば普通に出てきますので登録しておきましょう。

VENVEN
VENVEN

どこのサイトでも大抵おススメされている信頼性の高いサービスです。

クリエイティブ業界の転職する際に知っておこう

実務経験とポートフォリオがほぼ全て

デザイン業界は経験者は転職しやすいです。

私の経験上、クリエイティブ系の就職に最も必要なのは実務経験だと思っています。

実務経験がありそれを証明するポートフォリオがあれば転職活動がそこまで長引くとは思えないです。

転職エージェントもポートフォリオの対策が出来るところだと内定率も全然変わってくるはずです。

実務経験のあるデザイナーやクリエイターは実績を提示すれば転職するのは比較的簡単です。

VENVEN
VENVEN

私も実績をポートフォリオに集めて転職活動しましたが、内定は割とすんなり取れました。特に飛びぬけて実力が高い訳でもありませんでしたが、ざっくり3社受けて2社以上は受かりました。

クリエイティブは、ほぼほぼ激務であること

クリエイターなら知っているかと思いますが、クリエイター業は激務です。

十中八九どこも激務です。

電通での問題が明るみに出て、現在は改善傾向にあるように感じますが、結局は仕事の性質上無理な気もします。デザインは価格設定が曖昧になりやすく、クライアントから仕事の料金を安く見られがちです。

VENVEN
VENVEN

日本のデザイナーは海外のデザイナーに比べ、尊敬されにくい立場にあるようです。

たとえスキルが高くても、夜中まで残業しなければならないことはある程度覚悟が必要です。しかし、どういった働き方をしたいのかと言う事を初めから決めて就職活動することで、激務からは回避出来る可能性もあります。

なぜなら転職サービスにはそう言った相談にも対応してくれるサービスがあるからです。迷わずエージェントに相談しましょう。

VENVEN
VENVEN

会社に選ばれたいとか、選ばれなければならないという受身の姿勢ではなく、こちらが会社を審査して選ぶということも忘れずに行動して行きたいですね。

どのサービスも登録無料、使うのも一切無料

どれも登録は無料です。登録時間も5分~10分もあればOKです。

VENVEN
VENVEN

結局のところ
最終的には、自分に合う会社に繋がれるかどうかにかかってくるので、いかに良い会社に出会える確率を増やすかが大切になってきます。

その上良い求人はすぐ無くなってしまうので早いに越したことはないです。

派遣など自分の時間を確保する事も視野に入れる派遣での仕事は、残業なしの労働環境な場合が多いです。

なのでフリーでの仕事や副業に力を入れたい方は、あえて派遣求人で、残業しなくて良い環境を選択し、自分の時間を確保するのも、合理的な一つの手段です。

もし登録するなら、まず専用メールアドレスを作ろうかなりの数のメールが届いたりしますので、専用のメールアドレスを作ることをおススメします。

プライベートで使っているアドレスは極力避けましょう。Gmailが使い勝手が良いので作成はこちらから

転職エージェントの心配な点

例えばこんな感じ

  • 最初に1件紹介されて、その企業を蹴ると2社目をなかなか紹介してくれない。
  • 自分の理想に合う求人を紹介してくれない。
  • はずれ担当に当たってしまった。
  • 登録を拒否された

エージェント側の立場で考えると、短時間で多くの人を就職させた方が、当然収益が多く上がるので、紹介しても渋っている人とは距離を置きたがるでしょう。

かといって親身になって対応してくれるエージェントも勿論居るので一概には言えませんが、一定数ハズレはあると言うことです。

なのでやはり複数の転職サービスに登録するのは合理的かと思います。

嫁社長
嫁社長

もしハズレを引いても他のサービスもあればいくらか安心度が増すかも。

ブラック企業の見抜き方

世の中の企業の7割はブラックな一面があると言われています。そして転職エージェントに求人を出すという事は企業からすればかなりのコストが掛かります。

転職エージェントは求人を出したい企業からの報酬で利益を上げています。 紹介した転職者の年収の約30%ほどの報酬を転職エージェントに支払っています。

VENVEN
VENVEN

年収700万の仕事の場合210万円がエージェントに支払われている事になるので、結構な額です。
本気で良い人材を探すということはお金が掛かる事なんですね。

常時人材不足に困っているブラック企業は毎回この額を払わないといけないので、求人自体出しにくい訳です。ただしいくら転職エージェントで頼んでもババを引く事だって可能性は0では無いので、最低限ブラック企業から身を守る事は意識するべきです。

ブラック企業の特徴
  • いつも求人情報が出ている
  • 求めるスキルなどのハードルが低い
  • 初心者歓迎
  • やりがい搾取をしている
  • 若い人しかいない
  • ネットの中での評判が悪い

だいたいピンとくると思いますが、特徴を上げるとたくさん出てきます。

自分でも調べてみましょう「あ、怪しいな」だけでなく「ここ受けてみようかな」と感じたら速攻でその会社を調べ上げましょう。

何かしら評判の悪い会社はネットに被害者の痕跡が残っているはずです。

その上で、直接エージェントの担当に聞くのも有効です。

VENVEN
VENVEN

会社のホームページの更新状態や経営状況をまでを調べると良いでしょう。

下記が調べるべき点です。ツイッターは生の声が聞こえてくるのでかなり信憑性が高いです。

”就職四季報“でも会社の状態を知る事が出来るので、本気で気になったら買ってみてみるのも手ですね。

リンク

リンク

このリサーチ力は役に立つスキルなので、ネット上の情報だけで、対象を丸裸に出来るくらいのリサーチ力は身につけておきたいですね。

今の仕事環境が嫌でとりあえず辞めたい・・・はちょっと待って

 
VENVEN
VENVEN

ちょっと踏みとどまってほしいと思います。自分のスキルに絶対の自信があるか、貯金がある程度ある以外は少し我慢の時ですね。

ですが、私の経験上ですが、お金が減って行くと、自信も減っていくという悪循環に見舞われます。人間の自信なんてそんなものなのかもしれません。

自分をギリギリまで追い込むという意味では在りなのかもしれないですが、転職にそこまでのリスクを背負う必要はないのでは?と思いますね。

なので転職エージェントや転職サイトに登録して始めの一歩を踏み出す事をオススメします。

https://venvenblog.com/20%e4%bb%a3%e3%81%ae%e5%8f%8e%e5%85%a5%e3%82%92%e5%a2%97%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%ae%e3%81%ab%e7%89%b9%e5%8c%96%e3%81%97%e3%81%9f%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%a8%e8%bb%a2%e8%81%b7/

副業を視野に入れる

クリエイティブ系で転職を考えているのなら、フリーでの受注や副業を視野に入れましょう。

今では当たり前になってきてますが、クラウドソーシングなどネット上で仕事ができるシステムが在ります。スキルがあり、自信があれば収入源として成立するのでこちらも更なるスキル向上の為にオススメです。

VENVEN
VENVEN

ただ”楽”ではないので勘違いはしないようにしましょう。

情報発信は金銭的リスクが低いネットで出来る副業、ブログなど情報発信は金銭的リスクが低いのです。お金なんて掛かっても月/数千円程度だと思います。

VENVEN
VENVEN

必要なのは時間と継続だけ。

収入源を就職先一本に絞らないで、2箇所3箇所とあるのが今後の時代を乗り切るのには必須かなと思っています。なので最初から副業に重きを置いて作業するには、就職先に時間の制約が少ない事と、自分にとって精神的疲労の少ない仕事をするのが一番ではないでしょうか。

あくまで就職先一本でいかない場合なので参考までに。

スキル×スキルは己の市場価値を高める【就職のために】

私はデザイナーですが今の時代、デザイナーだけというスキルでは正直物足りなくなってきています(悲)

他の仕事にも言える事でもありますが、プラスして何かスキルがあると格段に仕事がしやすくなります。

  • WEBライティング
  • イラスト
  • seo
  • WEBマーケティング

上記のような、インターネットに関係したスキルを何か一つでも持っている人は、それを掛け合わせる事で、自分の市場価値を飛躍的に伸ばすことが出来ます。

VENVEN
VENVEN

例えば、今持っているスキルが大工だとすると、その大工スキルを情報発信することによって収益が生まれるネットビジネスが完成するかもしれません。

これはDIYをする人にとっては権威性のある有益な情報になり得るからですね。

情報発信に真剣に取り組むと徐々にライティングとマーケティングスキルが備わってきます。

プログラミングに比べて遥かに簡単なのでやらない手は無いですね。

VENVEN
VENVEN

デザイナーとしては優秀でも、マーケティング能力が低く、

ちょっと古いなぁと感じるデザイナーはいまだに割と多かったりします。

常に新しい役立つスキルを身に付けることは生き残るために必須です。

クリエイティブ系の転職サイトに登録しよう

 

無料登録して、面談で話を聞いてみましょう。まずはそこか第一歩です。

【まとめ】デザイナーになるための転職エージェント【現役デザイナーが厳選】

デザイナーに限らずクリエイティブに関わる職業は、経験者を必要としていることがほとんどです。

未経験からの転職となると、最も優先すべきは条件度返しで業界に飛び込んで修行と言う名の「実務経験をゲットする」ことかと思います。

実務経験があれば、その後の更なる転職もキャリアアップも格段に狙いやすくなるのです。

VENVEN
VENVEN

スキルを持っている人「手に職がある」のはかなりの安心感です。

それでは今回は以上です。

誰かの参考になれば幸いです。

良い転職ができる事を願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました