デザインスキルを無料で身に付けよう【初心者向】

無料でデザインのスキルを身に付けれるなら言う事無しですよね。
本を買うにも、デザイン本は結構高かったりするし、読んでも解りにくいのでは意味も無いです。
なのでまずは出来るだけお金はかけず学びましょう。
ネット上にあるデザインスキルを向上させる情報は、どんどん良い物が増えていって、テキストや図でまとめたものは勿論、動画で分かり易く解説したものまで無料で見れるので、これだけで大方大丈夫と思わせてくれるレベルなのでまとめてみました。

この記事は3分ほどで読み終えられます。

スポンサーリンク

ネット上のデザインスキルのノウハウは完全に無料です。

デザインスキルを学ぶのに本を買っても良いのですが 、必要な情報は完全に無料で転がっています。

本を買えば安心度は高いですが、結局はほぼ内容は一緒です。 安心する為に本を買うのも良いですが、お金をかけたくないならネットの情報を検索しまくりましょう。

最近は動画でのレクチャーも増えたのでスキルを磨くには最適です。

外部のリンクですが、分かりやすい記事をまとめて見ました。私もお世話になりました。

ここにある情報を守る事ができれば劇的にスキルは上がります。

グラフィックデザインスキルを学ぶ

全てのデザインの基礎になる技術です。

グラフィックデザインは、とにかく基礎がしっかりしていれば綺麗に作れるようになるので、いかに基礎を無視した自己流のやり方を排除するかが重要になってきたりします。

自己流を追求するのは基礎が身に付いてからの方がいいですね

レイアウトに関して

伝わるデザイン[レイアウト]

フォントに関して

これだけは知っておきたい、フォントの基本をまとめました。

ノンデザイナー向けガイド!文字を美しく並べる3つの基本テクニック

カーニングのプロ技を学ぶ!文字組みに必要な9つのテクニックまとめ

伝わるデザイン[文字組み]

伝わるデザイン[フォントの選び方]

画像に関して

伝わるデザイン[画像と写真]

色に関して

これだけは知っておきたい、色の基本原則まとめました。

デザイナーが知っておきたい、配色の基本原則10個まとめ

配色がうまくいく、デザイナーが覚えておきたい7つの鉄板ステップ

伝わるデザイン[配色]

ソフトの使い方

バージョンがCS4と少し古いですが、基本的なイラストレーターの使い方講座です。実際の作成物をもとにレクチャーしているので分かりやすいかと思います。

DTPデザインプロ養成コース パンフレット・ポスターの作り方 第1章 パンフレットのレイアウト前の準備【動学.tv】
初心者でもできるイラストレーター講座 チラシを作ってみよう
【Photoshop 超・基礎入門】 #01「解像度」「画像の種類」「CMYK・RGBの違い」
Photoshopの使い方 具体的にどんなことができるの?Section2

ウェブデザインスキルを学ぶ

ウェブに関してはも動画の教材がyoutubeにアップされて、増えてきつつあります。

本や教材を買う前にまずは、無料で見れる情報は見ましょう。

動画の方が断然理解しやすいし、分からなければ分かるまで繰り返し見る事も出来るし、検索と合わせて勉強して行きましょう。

HTML/CSS

1-2 マークアップ(はじめてのHTML)
第1回 基礎から覚えたい人のためのHTML入門講座【無料の学校】
【HTML入門】#01. HTMLの基本を学ぼう!
第1回 基礎から覚えたい人のためのCSS入門講座【Skillhub】

カンプ

初心者でもできるイラストレーター使い方講座 Webデザインカンプを作る

レイアウト

基礎がだいたい分かったら、実際の作業に入りますが、丁寧なレクチャーなのでとても分かりやすい動画なのでおススメです。

1 はじめてのHTML/CSSレイアウト(プロ級のサイトを目指そう!)

サイト

完全に初級向けではないですが、専門的にWEB技術とグラフィック技術を学べるサイトです。有益な記事が詰まっているので目を通しておきましょう。

Photoshop VIP

Photoshop VIP

デザイン、コーディングなど フリーフォントなどデザインを学べるサイトです。

Webクリエイターボックス

Webクリエイターボックス

WEBと付いてはいますが、グラフィックの情報も多数あります。

Pinterestを活用する

グラフィックに限らず、ファッション、イラストなど画像にまつわるアイデアやデザインのトレンドをインプットするのにぴったりです。

通常の検索、画像検索に加えてPinterestを活用しましょう。画像を保存するのも忘れずに。

【必須】プリントアウトしてストックする

グラフィックに関してはとにかくプリントアウトです。

画像検索やPinterestなどで集めた画像やデザインは、必ずプリントアウトしましょう。

なぜかというと

画面上で見たデザインは、”実は細部まで見れていない”のです。

グラフィックデザインをしている人なら経験があるかと思いますが、デザインを校正する際に画面のみで確認した場合、高い確率で後から間違いが見つかることがないでしょうか?

見えてるようで見えないんです。
自然の風景を見ていて木の一本一本が見えていないのと一緒です。

↓下記 研究結果が出ています。

紙の本が電子書籍よりも優れていることを示す数々の研究報告

電子書籍より紙の書籍の方が内容を理解できる勉強する上での書籍としては紙の方が優秀ってことですね。

触る、めくるなどの触覚が伴わない電子書籍は内容を理解し辛いといいうことで、これはデザインを画面で見るか紙で見るかという点にも当てはまるでしょう。

なので、デザインをストックするときも、A4サイズほどでプリントアウトしましょう。ネットの画像なので多少荒くなることもありますが気にしなくてOKです。

これが結構財産になったりしますよ。

注意点

経験豊富なプロのデザイナーでも、技術的なことであったりセンスや知識的な事であったりでつまづく事は、完全に無くなる訳でありません。

時が流れている以上、周りの技術も進歩しているので新しい技術、知識が出てくるのは当然だし、知らないことがあるのも仕方ない事です。

その都度、検索し新しい情報を身に付けて、自分をバージョンアップしていくことは必須です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました