デザイナーからの転職【デザイナー以外の仕事について】

悩み人
悩み人

デザイナーを続けても良い事が無いので転職しようかと思っています。

There are lots of distinct ways to compose https://www.affordable-papers.net/ an essay available and you will need to understand how to keep your subject short and sweet so that it will be simple to remember.

実際他の職種ってどんな感じなんでしょうか。

VENVEN
VENVEN

時には決断することも迫られます。デザイン業にピリオドを打つことも仕方のない事です。

今回はデザイナーを卒業して、別の職種に付きたいと思ってる方に向けての記事です。

筆者はグラフィックデザインを13年経験しています(途中挫折経験あり)ので、良いアドバイスが出来ると思います。

この記事は3分ほどで読み終えられます。


スポンサーリンク

まずはお疲れ様です

VENVEN
VENVEN

「お疲れ様です」 まずこの言葉を送り致します。

どんな事情にせよ、ここにはデザイナーという職業に一度区切りをつけたい、これから新たな世界へ飛び出そうと考えている方が来られていると思います。

VENVEN
VENVEN

デザイナーを経験した後、他業種を経験した事があるので、

その経験談を含めお話していきますので、お読みいただければ幸いです。


【 デザイナーからの転職】実際に他の職種についてみて感じたこと

私の場合、グラフィックデザイナーの後に経験した職業が2つほどあります。

印刷オペレーターとECサイト運営です。

①印刷オペレーター

VENVEN
VENVEN

1度デザイナーを辞めた後に、経験を活かせるだろうと思い、かなり大手のラベル印刷のオペレーターを経験したのですが、そこでデザイナーと違うと感じた点がこれです。

  • 時間の自由度は低い
  • デザイナーには必要だった自分の意思や考えはなくていい
  • 結構縛られる感が強い
  • 印刷の知識、イラレ、フォトショ等の技術は大いに活きる

大手の印刷会社だったこともあり、 当然と言えば当然ですが、 一人一人に仕事が細分化されていたのでデザイナーとは、時間の使い方が全くと言っていい程違います。

決まった時間に決まった仕事をこなし、ビジネスにおけるピボットが存在しないので、ひたすら坦々と印刷機を動かす日々です。デザイナーは自分で時間管理をするので違和感はありました。

オペレーターなので、自分の考え方や意思は必要性がなく、主張する事に価値がない世界と言えると思います。

印刷データの扱いに関しては、当然ですが即戦力です。逆に雑なデータが目に付いてイライラしたりしてました(笑)この能力が活きるのは仕事全体の10%くらいです。

この印刷オペレーターが気になっている人は、高確率で

デザイナーに未練があります。

なので個人的には、少し立ち止まって考えてみた方がいいかもしれません。

VENVEN
VENVEN

将来性を考えてもAIに置き換わる仕事の筆頭ですよね。

オペレーターの仕事って。


②ECサイト運営

インターネットで商品を販売するサイトの管理や運営をしていく仕事です。

気が付いた点はこちら

  • 運営にはデザイナーの「デザイン思考」を大いに活かせられる
  • 随所でデザインが必要になる
  • とにかく数字の計算が出来ないと厳しい
  • お金を使ってお金を稼ぐことに違和感を感じる
  • SEOやマーケティングスキルが必要

ある程度、経営者の考え方やデザイン思考の出来るデザイナーであれば、徐々に結果出せる仕事になると思います。常に数字の計算が必要なのでそこは強くないと駄目ですね。

デザイナーは、自分の技術や知識を制作物に落とし込んでお金に変える職業ですが、サイト運営は、とにかくお金が重要です。広告費やシステムにお金を使ったり、お金を使ってお金を稼ぐ要素が強く戸惑いました。

VENVEN
VENVEN

今までのデザイナーとしての考え方だと
お金を稼ぐ=自分の作業
だったので、自分の事に集中すれば良いわけで
お金を使ってお金を稼ぐのは違和感。なんかあっさりしすぎな感じがします。

サイト運営にはデザインが必要になってきます。常に問題解決をしないといけないので終わりがありませんが、大いにデザイン能力は活きてくると思います。

これからの将来性を考えた時、商品を売るっていう基本的なお金の稼ぎ方は不変なので将来性は高いです。


デザイナーからの転職理由はデザインが嫌になったのか、職場が嫌なのか

VENVEN
VENVEN

今、デザインが嫌になってるのは、努めている職場環境のせいではないですか?

デザイン自体が嫌いになってないのであれば、努めているデザイン環境を変える事の方が重要ですね。

錯覚していることは大いにあります。少し立ち止まって考えてみる事をオススメします。

デザイン以外の業務に神経を使っているとか、人間関係に悩んでいるとかっていうのは、デザインをすることから考えると、本業に支障が出ている無駄な消耗だったりします。

どうか、職場の環境が嫌いだからデザインまでもが嫌いになったと錯覚しないようにじっくり考えて見てください。

他の職種でも絶対活きるデザイナーのスキル(コレがあればかなり安心かも)

実は デザイナーは、社会に置いてかなり優秀です

一番役に立つのが、その考え方です。

「デザイン思考」が身に付いたデザイナーは、他のビジネスに置いて高い成果を出せる可能性が高いです。

デザイン思考とは簡単に言うと「強い共感力によって相手の立場に立って考える事で、アイデアを出し問題解決する」といった考え方です。相手の問題を解決するには相手の立場をリアルに感じないと解決できないですよね。

VENVEN
VENVEN

なので次の職を考える際に、技術的なスキルより
考えることが活きる領域で検討した法がいいかもしれません。

デザイン思考が活きる職業例

  • 畑違いのデザイン職
  • サイトや店舗運営

デザイン思考が活かせない職業例

  • 工場
  • オペレーター

など、とにかく自分の考えが必要ない職業です。

ある程度“自分に決定権のある立場の仕事”がいいと思います。


デザイナーはいつでも戻ってこれるので、割と安心してください。(得たスキルは死なない)

VENVEN
VENVEN

私も、かなり遠回りしてデザイナーという職業に舞戻ってきました。

他の職業での経験は、デザイナーにとってはこやしになるので、決して無駄にはならないです。

「知る」「実感する」ということは、デザイン力の向上に繋がります。一人よがりになりがちなデザイナーという職業は、デザイナー以外の視点を身に付けることも重要ですね。

デザイナーのスキルは、不変的なものです。流行や時代で表面的なカタチは変化しますが、根本的なところは変わりません。なので流行のインプット作業を行えば、ブランクがあっても大体大丈夫です(笑)

というわけで今回は以上です。参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました